とにかく、ブログはじめてみます。

はじめまして、marena(まれな)です。

1記事目ってむずかしいですけど、まずは書いてみますね。

40代も半ばを過ぎてから、やっと先のことが心配になってきました。

暢気すぎる性分と、なんとかなるさといういい加減さでここまで生きてきましたが、考えてみれば人生もすでに折り返しちゃってるじゃないですか(図々しく平均寿命まで生きるつもり)。

「老後破産」という言葉も耳に入ってくるこの頃、

「今のままで大丈夫なのか?」

と、めずらしく不安になって、やみくもにネット検索。

夜中のネット検索、ホント危険です!

ちょっとでもネガティブな情報を目にした日には、そのことについて次々と調べてしまって寝不足になるわ、暗い気持ちになるわ。

まあそれも、持ち前のいい加減さで長くは続かない私ですが、

「少しずつでもいいから先のことを見据えて考えた方がいいのでは?」

という気持ちにはなりました。

いや、もっと焦るべきですよね(-_-;)

そんな中、いろいろ検索してみてわかったことがあったんです。

スポンサーリンク
節約 レクタングル(大)

たどりついたキーワード「節約」「片付け」「貯金」

子どもの将来のこと、自分たちの老後のことなどを思いつくままに検索してみて気づいたのは、おおむね

・「節約」

・「片付け」

・「貯金」

の3つのキーワードにたどりつくということ。

この3つ、すでに当たり前のこととしてみなさん実行されていて、そうした内容のブログもたくさんあります。

今後の参考にさせていただくつもりで、今読み漁っています。

今更と言えば今更ですが、結局生きていくには「お金」がある程度必要だということですよね。

「節約」しながら分相応な生活を心がけて、物を無駄にしないようにするために、きちんと「片付け」ておく。

そうすれば、きっと「貯金」できるわよっていうような流れが、世の中ではここのところ主流になっていますよね?

ということは「節約+片付け=貯金」ってこと?

単純すぎるかもしれませんが、私の頭の中にはこんな風に浮かんだのでした。

数学にがてなんで、全然ひねりのない公式しかでてこない…。

節約、出来ることはしていたつもりがまさかの事実

今までも、節約できることはしてきたつもりでした。

例えば、よく見聞きするのは「固定費の見直し」

子どもが産まれてからの数年の間に、私もやってみました。

私が見直した固定費は3つ。

・生命保険(プラス医療保険)

・携帯

・住宅ローン

生命保険(プラス医療保険)

生命保険と医療保険は、持病ありのオットの保険は変えられないので、私の保険内容を見直してもらって月500円ほど減額できました。

携帯

携帯は、私はガラケーとスマホ2台持ち、スマホは格安SIMに変更。

スマホ料金を安くしたかったのですが、キャリアのメアドも残しておきたくて、この形に。

キャリアをガラケーに戻して、スマホには格安SIMを入れました。

オットが2台持ちは面倒というので、彼の分は今のガラケーが壊れるまでは現状維持。

2人で12000円くらいだった料金が7000円くらいに下がりました。

住宅ローン

借り換えを検討することにしたのはいいのですが、よく訳がわからないので、いろいろ調べるも利率の計算などになるとやっぱりわからなくてやる気がおきず、

「借り換えした方がよくない?」

「でも、意味わかんないよ、この計算」

なんて、大分グズグズしていました。

でも、金利が下がっている今、借り換えした方がお得な気がして腰の重いオットとあちこち相談に。

最終的に、繰り上げ返済を少ししてからとあるネット銀行へ借り換え成功。

計算上は少し返済額が減りました。

ところが、繰り上げ返済をして少し通帳の中身が寂しくなったし、また貯金を頑張ろうと決めたのになかなか増えていきません。

なぜなんだろう、無駄遣いもそれほどしていないのに、と割と長い間思ってはいたのですが、やっとその理由が最近わかりました!

住宅ローンを借り換えしてトータルの返済額が減ったのは確かなのです。

ただ、月々の返済額は少しだけアップしていて、それに気づかなかったという間抜けさに我ながら腹が立って仕方ありません!

借り換えをした時に、返済年数を少し減らしました。

たとえば65歳まで返済予定だったのを63歳までに、という具合に。

借り換えする前に少し繰り上げ返済したことと、金利が前よりも下がったので年数も減らせるということで、じゃあ、よしなに、とお任せしたままに。

月々の支払額もそれほど変わっていないようだし(実際は3000円アップ)と思っていたら、ある日、固定費を見直しても月々出ていくお金がまったく減っていないことに気づきました。

ここでもいい加減さが出る私。

53000円の返済だったのが借り換えして56000円になっていた

でも、同じ5万円台だし~ときっちり金額を確認しない

貯金できなくてなんかおかしいけど、前と同じくらい払ってるんだし…

という感じで、なぜ節約できた3500円を貯金にまわせないのかすぐに気づかなかったのですよ。

他の固定費を見直した分が、住宅ローンの支払いに回った感じになっていたという…。

今ある貯金だって、これからの老後や教育資金のことを考えれば雀の涙程度。

まずはいい加減さを改めて、貯金していかなければ「老後破産」まっしぐらです。

あ、金額はあくまでも例です。

気づくのが遅かった分、頑張るしかないですよね

他の固定費は、今はまだ見直すことが難しいものもあるので、とにかく他のことで節約をしていかなければなりません。

もう少し早く気づいていればと、毎日お金のことばかり考えて1ヶ月ほど暗い気持ちだったのですが、そこを抜けて今思うのはとにかくやるしかないというシンプルな気持ち。

とは言っても何から始めたらいいのかまだ模索中ですが、少しずつお金を貯めていけるように生活を見直したいと思います。

老後資金は50歳から貯めはじめても遅くないような話も聞きますが、何しろ高齢出産で子どももまだ小学校低学年。

これから教育費もかかってきます。

うちの場合は50歳からでいいなんて言っていられないのは明らかなので、そういう意味では早く気づけてよかったと前向きに考えて。

その気持ちが下向きにならないように何かしていないとすぐ挫折しそうなので、ブログを書くことで貯金に対するモチベーションを保っていきたいと考えています。

最後までおつきあいいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク
節約 レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
節約 レクタングル(大)