うちの令和元年は、次々と平成購入の製品が壊れる年なのかも。

 

6月末に、なんと15年使った1階キッチンの水栓が水漏れして壊れました…。

まあ、15年もよくもったよね、とは思いますが。

 

でも!

水道料金を下げようと頑張っているところへの、水漏れ。

幸い、料金に反映されるほどの量は漏れていなかったので一安心はしたけれど、水栓自体は丸ごと交換になってしまいましたよ~(涙)

スポンサーリンク

よくよく考えたら築15年

 

 

ボーナスの時期だったのが幸い。

ショックはショックでしたがすぐ出せるお金があったので何とかなりはしたものの。

 

最初に水漏れを見にきてもらったハウスメーカーの担当の人に、我が家が実は築15年の年だということを知らされたのが、さらにショック。

 

建ててまだそれほどでもないと思い込んでいたのに、もう15年かあ…。

それなら、水栓が壊れても不思議ではないなと納得。

だけど、この先不安ですよ。

 

だって、これから次々いろんな物が壊れていきそうじゃないですか!

建てたばっかの頃、ハウスメーカーの営業の人に修繕の積み立てなどもしておいた方がいいですよとアドバイスをもらったのを思い出す…。

家電なんかも壊れるから積立てしているという人も知っています。

 

でもねえ…。

洗いざらい出し切って家を建てて、貯蓄を少しでも回復させたいと頑張っている中、家電や家の修繕費の積み立てまでも考えが及びませんでしたよ。

 

同時期に買った家電などは次々同じ頃に、壊れていくんだろうなあ。

って、もう小さなところから少しずつきてるみたい、実は。

言っているそばから、年代物の家電が!

 

 

水栓をなおして約1ヶ月。

それにつけていたフットスイッチが壊れてしまったんです。

そう、足で水を出したり止めたりできる便利なスイッチ。

新しく付け直したばかりの水栓からお湯が出なくなったのが始まりで。

 

水道工事をしてくれた業者さんに再びお願いしたところ、水栓自体は問題ないけどフットスイッチが壊れているみたいなのではずしておきますとのこと。

 

フットスイッチはハウスメーカーを経由してつけてもらっているものなので、とりあえずお湯が出るようになったし今は保留状態。

 

そんなことを言っているうちに、2階のFAX付電話機のディスプレイに謎の文字列があらわれて。

どうやら電話はかけられるようだけど、文字列の直し方がわからないし、その上何故か留守電が設定できない状態になっている。

いったい、いつからなのかもわからないうちに、です。

 

なんていうか、これは絶対序章だよね、と思う。

1階リビングのエアコンも効きが悪い気がするし。

2階トイレの、ふたがゆっくり閉まる機能(なんていう機能なんだ?)も数日前から機能してないようだし。

大物家電以外はとりあえず保留にしとこう

 

 

FAX付電話機は、正直私はもう必要ないのです。

舅がたまに頼む健康食品の注文のために使っているだけなんだけど、ネットが使えないから多分この先もFAX注文だろうなあ。

 

でもこれから買い替えるならFAX付じゃなくてもいいかなとも思うですけどね。

固定電話自体、持たない人が増えている時代だし。

FAX流すのも私なんだし、ネットで注文してやればいいんだろうけど。

 

フットスイッチもなくてもいいけど、やっぱり両手が汚れてふさがっている時は便利なんですよね。

今も使えないのについつい足が出るくらい、家族みんながくせになっちゃってるし(笑)

 

とりあえず、すぐに困ることもないので余程の大物家電ではない限り様子見としよう。

あれもこれもと買い替える余裕はなし。

 

機種や好みを考えなければ、このくらいで買えるのかとも思って気持ちも揺らぐなあ。

 

 

まあ、見てみぬ振りをしているうちに、直さなきゃならないところがどんどん増えていくということも考えられるし。

ちょっとずつはやっていかないといけないかもしれないか、はあ…。

 

最後までおつきあいいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました