どうして全員に配らないんだろう。一世帯30万円はうちには関係ないみたいだよね。

 

このコロナ禍で、給付金や経済対策について毎日話題になるけれど、ネットニュースなどでは「一世帯30万円」という言葉だけが目について、正直、誤魔化されてる感があるなあ。

 

この給付の対象は全世帯ではないのに、まるで全世帯に配られるみたいにタイトルにはでかでかと「一世帯30万円」と。

 

1人10万円とか、どうしてできなかったんだろう。

こういう時こそ、一律に給付した方がいいのに。

税金をとるだけとって、還元する時は制限を設けるっていったいどういう理屈なのか、私なんかにはわかりませんけど。

スポンサーリンク

子どもがいるので児童手当の加算はあるけど

 

 

子どもがいる世帯には、6月の児童手当支給月に今の支給額に1万円を上乗せして給付されるそう。

それはそれで、まったくないよりはありがたいです。

ありがたいけど。

 

加算はその1回こっきりらしい。

それも、所得に制限があるとか。

子どもに対する給付が一律じゃないなんて、どういうこと?

 

子どもに対する給付が平等じゃないのってなんか違う気がする。

うちはありがたいことに、それほど裕福じゃないのでもらえることになると思うけど。

それに。

正直その金額は余裕がないなら子どものために使うというより、生活費に数日で消えていく額だな、と。

うちだけか。

 

余裕がある人なんて、そういないよね。

3月までで生活が苦しい人もすでにいるでしょう。

でも、これから倒産だったり解雇だったり減給だったりになる人もいるわけで。

 

給料が半減したらって、それいつまで適用なの?

いきなり半減するわけでもないだろうしね。

じわじわと困窮していって、半減したってなったときに適用されない時期ですってなったら、どうやって生きて行けばいいのか。

何が何でも金をくれということじゃなく

 

 

とにかくお金をくれという話ではなくて。

今の生活を、ぎりぎりでも保てるような補償を頼みたいと思うのです。

贅沢したいとかじゃなく。

 

家を取られることなく、毎日ご飯を食べることが出来て、電気や水道を止められずにすむ生活を普通に続けたいだけなんだよね。

 

このコロナ禍が過ぎ去ったら、景気対策にいろいろ配る的な話もちらほら聞こえるけど、それは贅沢の範囲なので、今その話をしている時じゃないですよ。

今の普通の生活を維持するために、助けて欲しいってことが政府には伝わってないのかね…。

 

みんな頑張って働いて税金払って、もらえる世帯ともらえない世帯があるって、なんだかな。

みんなに補償を明確にしてくれたら

 

 

休める人は休んでください、外出しないでください、必ずみんなの生活を補償しますって強く約束してくれれば、きっと安心して家にこもれる人がたくさんいると思う。

 

どうしたってテレワーク出来ない業種の人もいるけれど、そうじゃない人だけでも一定の期間外出を控えられる環境を国はきちんと用意して欲しかった。

生活のためには仕事に行くしかないから、結局出て歩く人は減らないでしょう。

法律上、緊急事態宣言が出てもあまり現状変わらずらしいから。

 

あまり感染者が出ていない地域だって、毎日びくびくしながら子どもを学校へやり、自分が感染しないように極力気をつけて仕事に出かけている。

こんなストレスフルな生活じゃ、免疫力落ちちゃいそうだよね…。

 

最後までおつきあいいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました