カラになった「かご」を見て思うこと。これを捨てないと、片付いたことにはならないよね

 

 

最近、床面積が広くなってきた部屋もあり、片付けがそれなりにすすんでいると思っていたのですが、「あれ?」と思うことがありました。

 

捨てたり収納したりで、見えてきたその床の上にいつまでも転がっているある物に目が行くようになったのです。

結構前からあるのは知っていたけど、見ないようにしてきた、それ。

 

こまごました何かを入れていた、カラになった「かご」。

今や100円ショップで気軽に買える、収納の友、プラスチックの「かご」。

 

カラのまま、転がっているということは、物が少しでも減ったことの証というか、今まで使っていたのが不要になったということ。

ってことは、片づけは確実に進んでいるはず。

スポンサーリンク

便利な気がしていたけれど

 

 

何かをひとまとめに入れたい時、とても重宝していた「かご」。

金額もリーズナブルで、いろんなサイズ、いろんな形や大きさのものが揃っているので、何かというと気軽に買ってしまいがちなんですよね。

 

まとめて入れると片づけた気になるというのも大きいし、とりあえず入れとけみたいな感じで、その後そのままになっていることが多いのは私だけではないはず。

 

便利だけど片付かない要因でもあるのかなと、転がっている「かご」を見ながら思うわけです。

 

それと。

それまではとっても便利だと思って使っていたわけですが、いらなくなるとこれぐらい邪魔な存在もないなと。

 

統一感を大事にして、きちんと考えて収納しているような写真を見たことがありますか?

無印とか、そういうところで定番で置いてある収納用品を使って、収納すらもすっきりと整然と片づけられている、雑誌にでてくるような部屋。

 

すっきりと片付くまでに、その部屋の持ち主も紆余曲折はあったと思うし、それを気軽に取り入れようなんて図々しいのですが、ああ、こういう収納方法があるならもっと早く知りたかったよ…。

 

空いた「かご」たちは、当然まったく統一感なく、必要にせまられて(と思い込んで)その時々でなんとなく買ったものだから、とにかくかさばって見えるのです。

形もマチマチなのでスタッキングできるわけでもなく、色もやけにカラフルでごちゃごちゃ感満載。

 

これが、同じシリーズの同じ色ならば悪目立ちもしないのでしょうね。

 

また何かで使うかもという、脳内のささやきに惑わされて

 

プラスチック製品って、長持ちするのが長所だと思うのですが、捨てる時にはそれが結構あだになるんですよね。

 

まだ壊れていない、水洗いなんかもできるから次に使う時も清潔だし、何かを入れる時にまた買うなんて、100円とは言え無駄遣いだし…。

 

などど、いろんな捨てないことへの言い訳が浮かんでくるんですよ。

プラスチックだから、捨てるにしても分別ごみだろうなと思うと、せっかく捨てる気になっても面倒くさいと思ったり。

 

そして、カラになったということは物が減ったということなので、多分、この「かご」自体も今後きっと使わない。

使う生活に戻さないと決めた方がスッキリするのだと…思うことは思うのですが。

 

脳内の往生際の悪いささやきが聞こえてくるのでやっかい。

 

「もったいない」

「また使うかも」

 

片付けを進めながら、何度このささやきと格闘してきたことか!

というか、今現在もだけどね。

こういう葛藤っていつになったらおきてこないものなのかなあ。

 

片付けもそうですが、その後の生活でも散らかさないようにしなくちゃと、今、こういうのを読んでみています。

 

この中には、『おすすめ「収納アイテム」』というのもあって、参考になりそう。

しつこいようですが、こういうアイディアやおすすめ、もっと早く知りたかった…。

 

どうせなら長く使えそうなものを、今度は使いたいな。

ロハコで買うと、¥1,900以上で基本配送料無料というのも嬉しい。

無印良品 やわらかポリエチレンケース 中

こんな感じのシンプルなもの。

使わなくなった「かご」を捨てることができた時

 

 

 

 

色も形もバラバラで、保管するにしても場所を取りそうなカラの「かご」たち。

これを今後使うことなく処分できれば、ひとつ成長したと言えるのかも。

 

ただ、このハードルが高い高い。

 

必要になったらまた買えばいいと言う人もいるけれど、捨てられない人は捨てちゃったことを後悔するものなんです。

今欲しいと思ってる「かご」、この前捨てなきゃよかったなあって。

持ってたのに!ってね。

 

この葛藤に打ち勝って、今ゴロゴロを転がっている「かご」たちをすっきり処分できたら、もう少し床にスペースができるんだけどね。

 

まずは一度に捨てるのではなく、使いそうな数個を残すとか、自分の心との折り合いをつけつつ、いくつかは処分するようにしないとな。

ここ最近のパターン(笑)

捨てると残すの、自分なりのバランスがわかってきたかも。

 

収納グッズも取っておけばおいたで、何かを入れようという思考になりそうなので。

今後も、こういうカラになるものが出てくるだろうから、自分がどういう収納をしたいのかもう一度明確にしておいたほうがいいなと考えています。

もうとりあえずとか、念のためとかでは買わないぞ、多分…。

 

最後までおつきあいいただき、ありがとうございます。

コメント